ブログ

2024年5月の記事一覧

3年次 年次集会

5月21日(火)、3年次は食堂をお借りして年次集会を行いました。

生徒指導部からは人とのかかわり方等について、進路指導部からはいよいよ差し迫ってきた進路活動についての話がありました。今後の学校生活・進路活動に活かしてください。

また、1年次のころから継続している、各部担任の話では、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ部担任団、そして副担任団それぞれから1人ずつ代表して話がありました。「教員になると決めた時の話」、「海外でのあっと驚く経験」、「学生の時の三者面談の思い出」、「自ら動け!受け身は柔道のみで十分!」など、その先生の人柄がよく表れた面白い講話をいただきました。

そして最後には年次主任から、ご自身の海外での経験などから、「幅広い知見とゆとりを持てる人間になろう」という話もありました。

生徒たちはどの話も真剣に、時に笑いもありながら、しっかりと聞いてくれていました。どのお話でも、話の中のワンフレーズでも、皆さんの心に響く言葉があると嬉しく思います。

福祉科 出張介護授業

 5月10日(金)と14日(火)に「介護福祉基礎」の5つの講座で出張介護授業を行いました。例年に引き続き、埼玉県社会福祉協議会 福祉人材センターの方と“介護の魅力PR隊”の現職の介護施設職員の方に「福祉の仕事を知ろう!」というテーマで講演をして頂きました。

 現在の社会や介護に関する状況や実際の介護場面の話、介護職の方がどのよう日々の業務を行っているのかなどについて非常に分かりやすくお話してくださいました。生徒たちも真剣に集中してメモを取りながら聴き、時間の許す限り質問もすることができました。

 本校で例年行っている介護職員初任者研修についても触れていただき、受講意欲も喚起されたかと思います。

保健の授業~心肺蘇生法実習~

 本校の1年次保健では、心肺蘇生法の実習を行っています。
 今年度は、戸田消防署より練習用の人形・AEDを借用し、2人一組での実習を行うことができました。胸骨圧迫のポイント等を確認しながら、一人ひとりが真剣に取り組む様子が見られました。
 実際に倒れている方を発見した際、自信を持って行動できるように、知識・技能を深めていってほしいです。

福祉の授業~戸田かけはし特別支援学校での交流・実習にむけて

 福祉科の授業「介護総合演習」では、これまで学んだ福祉や介護について実践的に学んでいきます。今年度は、初めての取組みになりますが、隣接する戸田かけはし高等特別支援学校の活動に参加させていただきます。今日はそのための事前オリエンテーションに伺いました。校長先生からたくさんのことを学んでほしいとお話があり、特別支援学校の役割について担当の先生から講義していただきました。6月からの実習でたくさんのことを吸収させていただき、生徒の進路実現につなげていきたいと思います。