給食の写真

2021年9月の記事一覧

9月29日 水曜日

献立名  

ご飯 牛乳 蒸し鶏のレモンソースかけ ポテトサラダ 玉葱と油揚げの味噌汁

今日は鶏肉に下味をつけ、皮を内側にくるくると巻き、タコ糸でぎゅっと縛って、蒸した蒸し鶏です。蒸した料理は、給食に取り入れにくいのですが、タコ糸でぎゅっと縛る工程までを肉屋さんにお願いし、学校では蒸して、冷まし、カットし、手作りソースをかけるというようにして作りました。野菜を添えて、見た感じが美味しそうに見えるよう工夫しました。

9月28日 火曜日

献立名  

豚肉と玉ねぎのうどん 牛乳 ゴーヤの海老詰天ぷら 果物(りんご/サンつがる)

今日は、ゴーヤを使った天ぷらです。和名は「にがうり」ですが、沖縄の呼び名「ゴーヤ」で呼ばれることが多くなった夏野菜です。ゴーヤには特有の苦みがあり、その苦みが苦手な子どもたちが多くいます。しかし、その苦みのもとがモモルデシンという成分で、食欲増進、消化促進の効果があるとともに、五感を刺激し、体の調子を整える効果もあります。ゴーヤの芯をくり抜き、えびのすり身を詰めて天ぷらにして、食べやすくしました。苦みのあるゴーヤも繰り返し食べることによって、苦みを美味しく感じる大人の味覚に育ってほしいと思います。

9月27日 月曜日

献立名  

ご飯 牛乳 鶏肉のから揚げバーベキューソース ソムタム風サラダ じゃが芋と玉葱の味噌汁 果物(梨/南水)

今日は、タイ料理のサラダです。ソムタム (タイ語 ส้มตำ) はラオスやタイで食べられる青いパパイヤを使ったサラダで、青パパイヤが手に入らなので、代わりに大根を細いせん切りにし、ナンプラーとレモン汁で甘酸っぱいドレッシングを作り、和えました。暑さが残るこの時期に、さっぱりとしたサラダになりました。 

9月24日 金曜日

献立名 

ホットドッグ 牛乳 バターナッツかぼちゃのグラタン 丸麦のミネストローネ 果物(梨/南水)

今日は、さいたま市で作られたバターナッツかぼちゃで、グラタンを作りました。バターナッツかぼちゃを蒸して、実をくり抜き、そこへかぼちゃ味の黄色いグラタンを流し込み、チーズをのせて焼きました。ナッツのような風味から、バターナッツという名前が付けらたこのかぼちゃは、南アメリカ大陸原産でアメリカではポピュラーなかぼちゃの一つです。ミネストローネは、イタリアの料理で、実だくさんのスープのこと。栄養価の高い丸麦をつかって、ミネストローネを作ってみました。丸麦は押し麦や米粒麦のような処理が加えられていないため、他の大麦製品に比べて、より大麦本来の風味を味わえるのが特徴で、白米の20倍の食物繊維を含んでいます。

9月21日 火曜日

 

献立名  十五夜献立

さつま芋ご飯 牛乳 厚揚げと豚肉の味噌炒め 衣かつぎ つみれの味噌汁 白玉あずき

今日は十五夜!中秋の名月です。十五夜は、平安貴族が中国の風習を取り入れ、お月見をしたことに始まります。この風習が庶民に広がると、秋の収穫物を供えて実りに感謝をする行事となりました。十五夜は芋類の収穫祝いを兼ねているので、別名「芋名月」といい、里芋やさつま芋を供えます。10月には、日本で生まれた十三夜と言われる月見の風習もあり、十三夜は「栗名月」「豆名月」とも呼ばれています。

今日の献立に、さつま芋ご飯と衣かつぎを入れました。衣かつぎは里芋の上の部分1/3程度、皮をむき、蒸して、ごま塩を振りました。下の方の皮を軽くつまむと、皮がつるんと剥けるので、皮を取って食べます。衣かつぎという名前は、里芋の一部に皮がついた様子を、平安時代の女性の衣装「衣被ぎ」(きぬかづき)に似ていることから、つききました。