給食の写真

R4 4月14日(木) おめでとう献立

献立名

赤米ご飯  牛乳  エビス鯛の白醤油焼き  だし巻き玉子  ほうれん草の白和え  春の沢煮椀  手作りいちごババロア

 今日は、お赤飯のルーツと言われている赤米ご飯す。赤米は、「古代米」と呼ばれる「むかしのイネが持っていた特徴を色濃く残すイネ」の一種で、縄文時代に日本に最初に伝わった稲と考えられています。赤米には、タンニン系のポリフェノール( 抗酸化作用や抗ガン作用、殺菌効果、抗アレルギー作用などの効用があります)が多く含んでいます。更に白米と比べると・・・・・、現代人に足りてないと言われる、食物繊維を8倍、カルシウムを3倍、マグネシウムを4倍、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながるカリウムを3倍、欠乏すると疲れやすさやだるさを引き起こすビタミンB1を5倍と、とても体に良いお米ですが、白米の美味しさに負けて、食べられなくなりました。しかし、最近は赤米、黒米などの古代米の良さが見直されています。             おめでたいときに食べる鯛も献立に入れ、冷凍イチゴを使って、いちごババロアを作ってみました。調理員さんたちが、冷凍イチゴと牛乳をミキサーにかけ、生クリームをホイップしてと、大忙しで作ってくれました。お味はいかがでしたか?