給食の写真

2022(R4)年度

R4 1月19日

 

  

献立名

ビビンバ 牛乳 きゃべつのごま風味サラダ 春雨ときくらげのスープ 果物(みかん/はれひめ)

今日は、朝鮮料理の一つ、ビビンバです。ビビンパ、ピビンバ、ピビンパなどとも呼ばれています。 丼などにご飯とナムルや肉、卵などの具を入れ、よくかき混ぜて食べる料理で、コチュジャンやごま油などの調味料をかけ、匙でよく混ぜてから食べる料理です。給食では生卵は使うことができないので、温泉玉子をのせました。野菜が苦手な生徒にも、好評です!

R4 1月18日

 

献立名

ご飯 牛乳 高野豆腐のオランダ煮 赤魚の粕漬け ブロッコリーのおかか和え 豚肉と白菜の味噌汁

今日は、高野豆腐のオランダ煮。江戸時代に、出島があった長崎県から全国へと広まりました。特に、石川県ではオランダ煮が、家庭料理の定番になっているとか!オランダ煮の作り方は、食材を揚げたり、炒めたりした後に、醤油、みりん、出汁などの調味料で煮て、甘辛く味付けをします。各地に広がり、いろいろな食材を利用して作られています。今日は、高野豆腐を使いました。粉をつけて揚げた高野豆腐に味がしみて、美味しく仕上がりました。

R4 1月17日

 

献立名

きつね寿司 牛乳 豚肉とターサイのソテー マカロニサラダ じゃが芋と玉葱の味噌汁 果物(みかん/クレメンティン)

今日は、ブーケのような形が印象的な冬の野菜の「ターサイ」を使ったソテーです。ターサイは中国生まれの野菜でチンゲン菜の仲間です。灰汁がなく、下茹でせず、生のまま、炒めたり、煮たりと加熱すると甘みが増して美味しい野菜です。「クレメンティン」はスペイン生まれのみかん。日本での栽培が難しいため生産量がとても少なく、国産品が市場で出回ることが少ないようです。日本で温州みかんをよく食べるように、ヨーロッパではこのクレメンティンが良く食べられています。みかんのように皮を簡単に手でむいて食べられ、糖度も高く、味も日本人好みです。本校では、初めて給食に登場しました。

R4 1月14日

献立名

梅かつおじゃこご飯 牛乳 芋と大豆のカリカリジャコ揚げ 温野菜のピリ辛ソース お汁粉

今日は、冬野菜のカリフラワーとブロッコリーをたっぷりと使いました。ソースは、マヨネーズにコチジャンを混ぜたピリ辛ソースです。また、明日の小正月にちなんで、小豆から煮て、お汁粉を作ってみました。関東地方では、15日の小正月をめどに、お正月、七草、鏡開きと続いたお正月の行事が終了します。

1月12日 3学期初日の給食

献立 「おせち料理」を味わおう

わかめご飯 牛乳 鮭の柚庵焼き 黒豆 りんごきんとん 紅白なます 昆布巻き(市販品) 埼玉のお雑煮  きんかんの甘煮

3学期初めての給食は、「おせち料理」です。昆布巻き以外は、全部学校で作りました。お正月におせち料理を食べない家庭が増え、おせち料理を知らないという子どもたちも増えています。生活スタイルが変化する中で、お正月の過ごし方、お正月に食べる料理も変わってきています。新年を祝い、幸せな一年になるように祈りを込めた「おせち料理」も作るから買うへ、食べるから、食べないへと変化しています。今日は、日本の伝統的な食文化を伝えたいと思い、生徒たちの味覚に合うようにアレンジした「おせち料理」を作ってみました。