日誌

戸田翔陽高校 日誌

保護者向け特別支援教育講演会について

 11月28日(土)10時30分から11時40分すぎまで、視聴覚室にて保護者を対象とした特別支援教育講演会が開催されました。講師は、県南部地域特別支援学校(仮称)開設準備室の島宗先生でした。

 特別支援学校で行われている障害に応じた授業の様子を写真や動画を交えてわかりやすく説明していただきました。また、新校の説明についてもイメージ図を基に話していただきました。

 保護者の方からは、今後翔陽生とのコラボを期待する声や翔陽の生徒たちと仲良くして共に成長していけたらといった声がありました。

 

 

学校説明会

11月17日(火)ミニ学校説明会を実施しました。
参加人数を制限した関係で、ご参加できなかった皆さまには申し訳ありませんでした。
参加していただいた皆さまは「健康チェックシート」記入等ご協力ありがとうございました。
中学3年生の皆さんは、いよいよ進路希望先を決める大切な時期がやってきます。体調管理に気をつけて、日々の授業などをがんばってください。

学校公開

11月13日から、学校公開(授業公開)が始まりました。
たくさんの皆様に来校していただきました。

受付では、消毒や検温の御協力ありがとうございました。           

 

赤い羽根共同募金

生徒会役員の皆さんが、渡り廊下で募金を呼びかけました。
たくさんの生徒と先生たちが協力してくれました。ありがとうございました。
集まった募金は、社会福祉法人埼玉県共同募金会にお届けします。

生徒会の皆さん、お疲れさまでした。

生活体験発表会

10月3日(土)さいたま文学館で「第53回埼玉県高等学校定時制通信制生徒生活体験発表会」が行われ、本校から3年次中嶋岳宏君が出場しました。堂々とした発表で、終わった後に観ていた人から感嘆の声が上がりました。
原稿作成から、発表練習そして当日の発表までほんとうにお疲れさまでした。

文学館の入口で記念撮影