給食の写真

2022(R4)年度

R4 4月19日(火)

 献立名

ひじきご飯 牛乳 うどとチーズの春巻き 豚肉とターサイのソテー 大根とわかめの味噌汁

 今日は、春から初夏が旬の「ウド」を使った春巻きです。ウドは、根株に土をかぶせて栽培される、やや緑がかったウドを「山ウド」、暗い所で、光を当てずに栽培される真っ白なウドを「軟白ウド」と呼びます。食べる部分は、若芽です。 本来野菜というよりも、山菜になります。名前は知ってても、なかなか食べることが少ない食材の一つですね!

R4 4月18日(月)

献立名

ご飯 牛乳 鶏肉の和風レモン焼き ブロッコリーのアヒージョ 白菜と厚揚げの味噌汁 果物(セミノール)

 今日は、新メニューのアヒージョです。アヒージョは、オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理で、カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと提供されるスペイン料理の一種で、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一つです。給食では、ブロッコリー、きゃべつなど茹で、オリーブオイル、みじん切りのにんにく、輪切り唐辛子を炒めて香りを出し、茹でたブロッコリー、きゃべつなどさっとまぜ、塩で味付けをしました。いつものサラダと一味違った美味しさです。

 

R4 4月15日(金)

献立名

ご飯 牛乳 鶏肉のチリソース煮 豆苗の中華炒め きゃべつとわかめの味噌汁

 今日は、にんにく、豆板醤を使ったチリソース煮、ピリ辛のケチャップ味が食欲をそそります!玉葱、人参を炒め、粉をつけて揚げた鶏肉、素揚げのじゃが芋とピリ辛のチリソースでからめた、ボリュームのある一品です。豆苗は、ごま油で和え、真鯛塩で味をつけたシンプルな付け合わせです。食べてみると意外と美味しい!残菜の少ない組み合わせです。

R4 4月14日(木) おめでとう献立

献立名

赤米ご飯  牛乳  エビス鯛の白醤油焼き  だし巻き玉子  ほうれん草の白和え  春の沢煮椀  手作りいちごババロア

 今日は、お赤飯のルーツと言われている赤米ご飯す。赤米は、「古代米」と呼ばれる「むかしのイネが持っていた特徴を色濃く残すイネ」の一種で、縄文時代に日本に最初に伝わった稲と考えられています。赤米には、タンニン系のポリフェノール( 抗酸化作用や抗ガン作用、殺菌効果、抗アレルギー作用などの効用があります)が多く含んでいます。更に白米と比べると・・・・・、現代人に足りてないと言われる、食物繊維を8倍、カルシウムを3倍、マグネシウムを4倍、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながるカリウムを3倍、欠乏すると疲れやすさやだるさを引き起こすビタミンB1を5倍と、とても体に良いお米ですが、白米の美味しさに負けて、食べられなくなりました。しかし、最近は赤米、黒米などの古代米の良さが見直されています。             おめでたいときに食べる鯛も献立に入れ、冷凍イチゴを使って、いちごババロアを作ってみました。調理員さんたちが、冷凍イチゴと牛乳をミキサーにかけ、生クリームをホイップしてと、大忙しで作ってくれました。お味はいかがでしたか?                               

 

R4 4月12日(火)

献立名

チキンカレー 牛乳 キャベツの菜の花の和風コールスロー 果物(みかん/カラマンダリン)

 新年度、初日の給食は、みんなが大好きな「チキンカレー」です。和風コールスローは、旬の食材の「菜花」を使い、卵のそぼろを花に見立ててみました。本校の給食では、かつお節、昆布、煮干しなどから出汁を取り、手作りの家庭の味を目指しています。食べたい気持ちを育て、食の幅が広がるような献立を提供したいと考えています。1年間、よろしくお願いします。