ブログ

戸田翔陽日誌

合唱発表会を行いました♬

 2月19日(月)にⅠ部帯の音楽Ⅰのクラスで、1年間の締めくくりとして合唱発表会を行いました。授業内での発表会でしたので、先生方にも聴いていただきました。
 曲目は1学期に取り組み、生徒達も楽しくノリノリで歌っていた『おおシャンゼリゼ』と、2学期末から取り組み始めた混声三部合唱の『手紙』の2曲にしました。『手紙』は生徒達が熱心にパート練習をしてきた成果が発揮できたと思います。(聴きに来てくださった先生方からも「良かった!」「癒されました!」と感想をいただきました。)
 混声合唱は、それぞれのパートの声(音)が合うときれいにハーモニーが聴こえ、響きが何倍にも広がります。歌うことでそのハーモニーを感じることができた生徒もみられ、達成感があったと思います。他の場面でも、一人では決してできない体験を是非味わってほしいです。

『音楽は人生を豊かにする!』
 

【令和5年度埼玉県定通高校剣道新人大会報告】

   1月28日(日)県立武道館を会場に、令和5年度埼玉県定通高校剣道新人大会が行われました。

   本校より男子2名、女子1名が参加しました。結果は、以下の通りです。

   3学期の修了式にて、表彰していただきます。 

【女子個人戦】

  江村 実穂(3J)・・3位

【男子個人戦】

  小野 太雅(2B)・・4位

  中森 憲吾(2F)・・5位

 

 

    来年度の大会に向けて、今後もしっかり稽古をして、精進したいと思います。

2年次進路ガイダンス

 1 月 26 日(金)2年次対象の進路ガイダンスを実施しました。大学・短大・専門学校から23校、企業からは5社に本校へ来校していただき、それぞれの分野について説明をしていただきました。進路選択の準備として、生徒は自身の興味のある分野について積極的に説明を聞いていました。
 ガイダンス後、生徒からは「自分のやりたいことから目的をもって分野を選んでいきたい」や「アピールポイントを作ることを意識し、日頃から取り組めるように頑張りたい」などという声があり、充実したガイダンスとなりました。

1年次進路ガイダンス

 1月26日(金)、ライセンスアカデミー様ご協力の下、企業・大学をお招きして1年次の進路ガイダンスが行われました。

 理美容分野では現場で実際に使用しているウィッグを用いてパーマ体験をしたり、動物関係の分野では犬と触れ合いながら動物の健康管理について学習するなど、日々の授業よりも目を輝かせて話を聞く姿が目立ちました。

 今回のガイダンスは、職業選択の意識向上を目的に実施されました。今後の進路選択をする上で必要となる多くのことを学ぶ充実した時間となりました。

 

ユニバーサルスポーツ「モルック」を体験してみました(翔陽日誌)

 1月22日(月)、3年次総合的な探究の時間で、福祉の先生と生徒が「モルック」を体験してみました。

 「モルック」とはチームで交互に木の棒を投げて、数字の書かれた木のピンを倒して得点を競うという、ボウリングやカーリングの要素が含まれた、今人気の出始めているユニバーサルスポーツです。

 生徒たちはゲームをし始めるとすぐにルールを理解し、「早く自分の投げる順番が回ってきてほしい」と楽しんでいました。

 年齢、性別、障害の有無、スポーツの得意不得意に関係なく、誰でも楽しく交流できるユニバーサルスポーツの必要性を、生徒たちが感じてくれたらと思います。

手浴会の開催 ~お世話になった先生に感謝を込めて~(翔陽日誌)

 1月17日(水)から数回にかけて生活支援技術の授業の中で3・4年次生が、お世話になった先生方を呼んで手浴会「翔陽サロン」を開催します。

 これまで授業で、体の不自由な方のための安全な部分浴の方法を学んできました。生徒たちは自分たちが培ってきた技術を先生方に披露することでリラックスな環境の提供に努め、感謝の気持ちを伝えます。

 写真は校長先生に手浴した時の様子です。

バスケ部大会報告

令和5年度 埼玉県定時制通信制バスケットボール新人大会に出場しました。男子は、1回戦で朝霞高等学校と対戦するも敗れ、一回戦敗退となりました。女子は10月の大会には出られなかったものの、今大会には人数が揃い出場することが叶いました。結果は狭山緑陽高等学校に準決勝で敗れ、3位となりました。

今回が新チームのスタート地点になります。現在地を知り、新年度の全国予選に向け男女ともに励んでいってほしいと思います。

 保護者の皆様や地域の皆様に関しましては、いつも生徒の活動を支えていただきありがとうございます。今後とも本校バスケ部の活動に御理解・御協力のほどよろしくお願いいたします。

授業の様子・3年次総合的な探究の時間

 3年次の総合的な探究の時間では、教員別講座と称して、各部帯の担任・副担任・年次主任の先生方が講座を設定しています。生徒はその中から好きなものを選んで受講します。今回は、3年Ⅲ部の様子を紹介します。

 理科の先生の講座では、火薬をはかってオリジナルの噴き出し花火を作っています。また、普段は英語を教えている先生が卒業式に向けて校歌を中心とした歌を教える講座や、地理歴史を教えている先生と自分に似合う色を探究する講座もあります。

 本校は3年間で卒業することも可能です。卒業を控えた生徒たちには、担任の先生から教わる最後の時間を楽しんでほしいと思います。

 

3学期始業式

 3学期がスタートしました。冬休み中には能登半島地震があり、今もまだ多くの方々がその被害に苦しみ、多くの支援を必要としています。今日の始業式では、校長先生から、改めて防災意識の向上のお話をいただきました。どれだけ準備していても充分ということはありませんが、避難訓練の実施も含めて、学校として生徒の防災意識の向上に努めたいと思います。

 また、校長先生からは情報リテラシーについてのお話もいただきました。スマートフォンの普及やSNSの利用、そして生成AIの登場などにより、生徒の周りには多くの情報が溢れています。それらを正しく利用できる力が正に今求められており、その力の育成を学校としても目指していきたいと思います。

 いよいよ3学期は、今年度最後の学期であり、3・4年生は卒業や進路決定、そして1,2年生も進級に向けてしっかりと準備をする学期となります。生徒ひとりひとりが、自身の力を大いに発揮して、充実した3学期を過ごせることを願っています。

※校長講話の内容についてはメニューの「校長室より」をご覧ください。

2学期終業式

 新型コロナ感染症による影響が始まって以来初めて、体育館に集合しての終業式を実施しました。部帯ごとに終業式を実施するため、まだ人数は分散されます。

 校長先生から、2学期を振り返りながらお話をいただき、「一期一会」という言葉について深く考えることができました。そして2学期に様々な場面で活躍した生徒への表彰が行われました。今までのオンライン配信型の時とは違って、正にみんなの前で表彰を受け、みんなから拍手で祝福されるとというのは特別なことですね。

 冬休みはゆっくりと過ごしてもらって、また3学期に元気に会えるのを楽しみにしています。

 Have a Merry Christmas & a Happy New Year!!

※校長講話の内容についてはメニューの「校長室より」をご覧ください。

保健講話

 12月20日(水)、保健講話として「血液の働きと献血」について、赤十字血液センターの溝口様からご講演をいただきました。血液や病気・献血に関する丁寧な説明と熱いお話で、生徒たちは集中して聴講し、自身の生活や健康、献血の意義について改めて深く考えている様子でした。

芸術鑑賞会

 本校では、1年に1度芸術に触れる機会を設けています。今年度は「演劇」をテーマに、カンジヤママイムさんに「おしゃべりなパントマイム」を披露していただきました。
 生徒は想像力を豊かに、かつ楽しんで観ていました。この経験をもとに、夢の風船を膨らませて、今後の学校生活を送ってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冬の訪れ

ここ数日で、一段と寒さが増し、翔陽のシンボル「メタセコイア並木」の紅葉もほとんど落葉となりました。

令和5年度生徒会本部役員選挙立会演説会

12月18日、立候補者8名が全校生徒に向けて演説しました。意見箱や行事の活性化などが公約として挙がり、学校をより良くしていきたいという思いが伝わるものでした。

今回の選挙では、ポスターを作成したり、各部の下校時刻に挨拶するなど熱心に活動する候補者の姿が印象的でした。

演説後に投票が行われ、新たな生徒会の会長・副会長・監査が決定しました。

3年次遠足

 12/8(金)に3年次は江ノ島・鎌倉方面への遠足でした。
集合場所が遠く慣れない電車に苦労もしたようですが、海なし県の埼玉からはるばる湘南の海に来て、冬の海に興奮した様子でした。
3卒予定の生徒にとって最後の楽しいイベントとなり、良い思い出づくりになったようです。

1年次・進路ガイダンス

 12月8日(金)に、1年次で進路行事を行いました。「大学・短大・就職についての理解を深めるパネルディスカッション」として、ライセンスアカデミーの方々を中心に、浦和大学、大原学園から講師の方をお招きして、各分野についての理解や、選ぶ際の注意事項、お金のことや今からできることについてお話いただきました。
 講演後、生徒たちからは「まだ進路について深く考えていなかったが、今からできることがあると気づけた」や「なんとなく進学と考えていたが、その選び方ではいけないと分かった」などの感想があり、生徒自身が多くの学びを得られる機会になりました。
 あと4か月で2年生へと進級する生徒たちですが、卒業後の進路だけでなく、自身の人生について考え、自己を理解する進路活動を引き続き行っていきます。

ドッヂボール大会

 12/7(木)に3年次でドッジボール大会を実施しました。
 体育祭と同様の赤・黄・青に分けて部帯を超えたチームを編成しましたが、各チーム励まし合って試合に参加していました。多くの生徒が卒業を間近に控える中、最後に大変盛り上がるイベントとなりました。

ビジネスマナー講座

 12/6(水)に3・4年次で外部講師を招き、ビジネスマナー講座を実施しました。
 まず、全体向けに「社会人に向けた基本的なマナー指導」を実施し、その後男女に分かれて「スーツ着こなし方講座」と「社会人としてのメイク講座」を行ないました。
 卒業を目前に控え、新生活への不安を抱える3・4年次の生徒にとってネクタイやメイクは関心の高い内容であったようです。社会人としての心構えを忘れずに、新生活に活かしてほしいと思います。

パラアスリート講演会

 12/5(火)に3・4年次で「あすチャレ!ジュニアアカデミー(日本財団パラスポーツサポートセンター主催)」を開催し、パラアスリートの永尾由美講師をお招きして講演会を実施しました。
 講師の方のこれまでの人生に関するお話しやグループワークを通じて、障がいについて楽しみながら理解することができました。これからの生活のあらゆる場面で、講演を通じて得た視点を活かしてほしいと思います。

☆修学旅行最終日☆

  修学旅行最終日。今日は班別自主研修です。生徒たちは事前調べ学習で計画を立てた場所を班別に散策します。グラバー園や中華街、出島や眼鏡橋など、観光を楽しんだり、食事や買い物を楽しんだりしました。班別行動後も、全員が時間どおりに集合し、そのままバスで長崎空港へ。生徒たちの素晴らしい行動のお陰で、全行程を予定どおりに進めることができました。また、大きな体調不良者もありませんでした。そして何より、修学旅行の3日間ずっと素晴らしい天気に恵まれました。高校生活最初で最後の修学旅行、きっと生徒たちにとって素晴らしい学びと思い出になったことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年次遠足

4年次は、シーライン東京のシンフォニーランチクルーズでテーブルマナーを学びました。フォークやナイフの使い方に悪戦苦闘しながらも真剣な態度で学び、食事を楽しむことができました。天候にも恵まれて、プライベートデッキからレインボーブリッジをはじめとする様々な風景を眺めるという贅沢な体験をしました。下船後は徒歩で東京タワーに移動して、自由散策をしてから解散しました。今回の経験を通してワンランク上の大人になったのではないでしょうか。

 

☆修学旅行2日目☆

 修学旅行2日目。今日の午前中は平和学習です。実際の被爆地である長崎の平和公園を訪れ、ガイドさんから原爆にまつわる様々な説明を受けながら平和公園内を巡りました。そして原爆資料館にて、実際の映像や資料を見ながら、事前学習での学びを深めました。そして最後には、実際の被爆者の方から講演をいただきました。大変悲しい話に涙が溢れてしまいました。「心の平和」のためにひつような「あ・い・う・え・お」。「挨拶・命・美しい学校・笑顔・思いやり」を大切に、我々が平和を大切にし、継承していく思いを強くしました。

  午後は、各グループに分かれての体験学習です。残念ながら海の状況で軍艦島クルーズは欠航となってしまいましたが、「ハウステンボス」、「カステラ作り」、「有田焼体験」、「佐世保散策」は無事に実施することができました。今日も素晴らしい天気に恵まれて、どのコースに参加した生徒も大いに楽しんでホテルに戻ってきました。その後の夕食時も、自由時間も、生徒たちはこの修学旅行最後の夜を大いに楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年次スポーツ大会

1学期同様、部帯の垣根を越えてスポーツ大会を実施しました。今回の種目はフットサルです。ルールの考案から試合運営まで生徒が主体となって実施しました。教員団もプレーヤーとして参加しました。どの試合も白熱しており、盛り上がりました。

 

☆修学旅行1日目☆

  12月6日(水)、修学旅行1日目。体調不良者等もなく、無事に全員出発することができました。羽田空港から福岡空港までの飛行機移動。初めて飛行機に乗る生徒も多く、離陸の時には大きな歓声があがりました。福岡空港到着後、大宰府天満宮へ。大宰府天満宮で昼食をとった後に、天満宮を参拝したり参道を自由に散策しました。天気にも恵まれて穏やかな気候の中、生徒たちは思い思いに買い物や食べ歩きを楽しみました。

 バスで長崎へ移動し、ホテルへチェックイン。美味しい夕食を食べた後は、ホテル名物である屋上テラスからの長崎の夜景を満喫しました。生徒たちは大きな歓声をあげながら、素晴らしい夜景の写真をたくさん撮っていました。

 生徒たちはホテル内の時間も大いに楽しく過ごし、にぎやかな笑いの絶えない1日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆受賞報告☆

 本校2年生の吉田映仁さんが、第39回「小さな親切」はがきキャンペーン(公益社団法人「小さな親切」運動本部主催、日本郵便株式会社及び読売新聞社後援、株式会社河出書房新社協賛)に入選しました。11月24日に都内で全国表彰式があり、賞状をいただきました。

 このキャンペーンはテーマに関するエッセーコンテスト。今回のテーマは「心から伝えたいありがとう」でした。全国から1938編の応募がありました。吉田さんは、国語の「国語表現」という授業で書いたエッセーを応募しました。

 吉田さんら入賞・入選した皆さんが書いた作品を書籍にして、河出書房新社様が出版してくださる予定とのことです。 

(入賞・入選者を載せた主催者ホームページ)

https://www.kindness.jp/activity/hagaki/hagaki_list/

授業の様子・社会福祉基礎

 本日「社会福祉基礎」の授業において車椅子の実習を行いました。

 駐車場からスタートし、生徒昇降口スロープから校舎に入って校内を一周しました。大きな段を降りるときは後ろ向きで、上がる時は前輪を上げて移動するのでその操作方法を学びました。
 舗装されている所でも小刻みな揺れがあること、校内でも僅かな段差でも車いすは通りにくいことなどを実感したようでした。

☆受賞報告☆

 11月14日(火)に、令和五年度納税表彰式が、川口駅前市民ホールフレンディアにて行われ、本校からは賞を受賞した以下の生徒3名が参加しました。
 この賞は、国語科「国語表現」で夏休みの課題として「高校生の税の作文」を応募したものの中から、作品が優秀で、納税道義の高揚への功績が認められたものに対し与えられたものです。

☆受賞した賞及び受賞者は以下の通りです。
 西川口税務署長賞
2年F組 鳥山こころ「私と税金」 
 埼玉県租税教育推進協議会会長賞
2年F組 松本愛菜「もし税金がなかったら」
 西川口税務署管内税務関係団体協議会会長賞
3年B組 岩井優志「誰もが暮らしやすい未来をつくるために」

3名とも、とても素晴らしい作文でした。
おめでとうございます!

授業の様子・スポーツⅡ(体験スポーツ・ボッチャ)

 スポーツⅡでは、体験スポーツとして、ボッチャを行っています。 障がい者スポーツとして広まっているボッチャですが、ルールが分かりやすいことから、障害の有無だけでなく老若男女問わずに、誰とでも交流を図れるスポーツでもあります。

 本日は、年次・部帯の枠を越えて交流することをねらいに、男女ペアでのゲームを行いました。最初はぎこちなかったコミュニケーションも、一球ごと一試合ごとに歓声も大きくなり、互いに称えあう姿も見られるようになりました。

 スポーツだけに限らず、このような経験を積むことで、交流の幅を広げ、社会性を高めていってほしいと思います。

☆県庁オープンデー出展

 11月14日(火)県庁オープンデーで誠和福祉高校と一緒に福祉体験ブースを出展しました。福祉クイズやしおり作りにたくさんの来場者が訪れ、手伝ってくれた生徒は丁寧に対応し、お客様からも「子どもの対応上手だね」とお褒めの言葉いただきました。手伝ってくれた生徒は今夏、本校代表として関東大会に出場したメンバーでもあり、一回りも二回りも成長しました。

埼玉県産業教育フェア!

 11月11日(土)大宮ソニックシティにて第33回埼玉県産業教育フェアが開催されました。本校も福祉の授業を選択している代表生徒が仕事体験ブースで車いす操作の方法や介助の心構えについて参加者へレクチャーしました。事前に『リハビリホームまどか戸田』で介助方法を教えていただき、当日はにこやかに来場者へ対応していました。未来の介護士の姿が垣間見れた一日でした。

かけはし文化祭への出演!

 本校と敷地を共有する戸田かけはし高等特別支援学校(以下、かけはし)の文化祭の開祭式に、本校生徒が出演しました。

 まずは、かけはしの生徒会と本校の演劇部によるコラボダンスのビデオ上映です。昨年度も実施した連携事業ですが、今年度も継続して実施しています。生徒たちの一生懸命なダンスとその音楽に、かけはしの生徒たちも大盛り上がりでした。

 そして本校生徒会長による挨拶。今年度は本校の文化祭でもかけはしの生徒に出展していただき、さらに体育祭にも一緒に参加してもらいました。その感謝の言葉を丁寧にかけはしの皆さんに伝えることができました。

 最後は本校軽音楽部によるライブ演奏です!途中でかけはしの校長先生が登場して一緒に歌ってくれるというサプライズ付き。大盛り上がりで曲が終わると、「アンコール!!」の嵐。アンコールに応えて更に1曲演奏しました。体育館が一つになる盛り上がりを見せました。やはり音楽やダンスの力というのは素晴らしいですね。

 今年度は多くの場面でかけはしと連携をしています。また今後も両校の連携を深めて、お互いの生徒たちにとって実りあるものになるようにしていきます。

授業の様子・生活支援技術

 福祉科の「生活支援技術」の授業では、日本セラピューティック・ケア協会から講師の方々をお招きして「セラピューティック・ケア」について実践的に学びました。 セラピューティック・ケアとは、薬剤や道具を使用せず、服を着たまま両手のぬくもりだけで心身をいやすケア方法です。生徒たちは普段と違う雰囲気の中、相手の手のぬくもりを感じリラックスすることの心地よさを感じていました。今回の体験を活かし高齢の方や障害のある方との関わりだけでなく、身近な方などに日頃の感謝を伝える方法としても活用してほしいと思います。

授業の様子・保健Ⅰ

  保健の授業では今精神疾患について学んでいます。今日の授業では、精神疾患を予防するために、何ができるのかについて考えました。そして自分たちの考えを探究するために、3日間のプチ実験を実施します。生徒たちはグループに分かれて、授業で学んだ「ストレスを軽減する取組」や「運動」・「食事」・「睡眠」について、自分なりに3日間実践してみることを決めました。グループの中でそれぞれその内容を確認しあうことで、モチベーションも上がります。それぞれのプチ実験の結果がどうなるのか楽しみですね。

授業の様子・情報デザイン

 今日の情報デザインでは、観察の視点や、記録と描写の方法や意味について学び、実際に表現の模索やその過程について学びました。こうした学習を通して、効果的な情報伝達やコンテンツのデザインなどの構築に生かしていきます。

授業の様子・社会福祉基礎

 今日の社会福祉基礎の授業では、戸田市聴力障害者協会から外部講師をお呼びして、「手話の授業」を行いました。災害時の聴力障害者とのコミュニケーションの取り方などについて、実際に手話で生徒たちに話をしてくださいました。もちろん手話通訳者の方もいらっしゃいます。このような体験を通して、生徒たちの理解と社会貢献意識が高まっていきます。

学校公開&夜の学校説明会

 11/10,13,15(金、月、水)の3日間で、学校公開と夜の学校説明会を実施しています。学校公開は3限の10:35から、9限の18:10までの授業を全て公開しています。特にⅢ部帯の9限の授業には多くの方に参観いただきました。本校のⅠ、Ⅱ、Ⅲ部は、授業の時間帯が違うだけでカリキュラムは全て同じです。Ⅲ部の生徒も同じ制服を着て、同じように少人数の授業を受けています。もちろん多くの生徒が3年間で卒業します。とても静かに、時に和気あいあいとしている授業の様子に、参観した方々からは「集中して真面目に授業に取り組んでいる姿が印象的でした」、「英語をゲーム感覚でやっていたので、英語が苦手な自分でも楽しんでやれると思った」などの感想をいただきました。

 そして、9限後の18:20~は「夜の学校説明会」です。おかげさまで3日間とも人数制限が埋まる予約をいただきました。学校概要説明と生徒による学校生活インタビュー、そして入試に関する説明を行います。

 今回残念ながら人数制限のため予約できなかった方も、12月や1月の学校説明会で同じ説明をいたしますので、そちらにお申込みいただければ幸いです。申し込みについてはHPの「学校説明会」をご覧ください。

合同避難訓練

 本校ではⅠ部からⅢ部の部帯ごとに避難訓練を行っていますが、今日のⅠ部帯の避難訓練では、敷地を共有している戸田かけはし高等特別支援学校との合同避難訓練を実施しました。実際に地震や火災が発生した際には、両校での同時避難となり、このような合同の訓練というのは非常に重要です。今日の避難訓練では両校とも非常にスムーズに避難することができました。

授業の様子・美術Ⅱ

 美術Ⅱの授業では、芯に粘土をつける刻塑の作品づくりを行っています。モデリング芯材を使用し、まず作品の骨格を作成します。そこに粘土をつけながら生徒たちは思い思いに作品をつくり上げていきます。作品のアイディアはもちろんのこと、作品製作への姿勢やプロセスにもそれぞれの生徒の個性が現れて面白いですね。最終的にどんな作品になるのか楽しみです。

授業の様子・書道Ⅱ

 書道Ⅱの授業では、篆刻について学んでいます。篆刻とは石や木などに主に篆書を用いて刻す芸術です。生徒たちは篆刻の方法を理解し、自分の名前の印を制作します。今日は辞典で文字の字形を調べ書き写し、字形や印面全体の構成を工夫して作成しました。

授業の様子・マーケティング

 本校では商業科の選択科目「マーケティング」があります。その名のとおり、マーケティングについて実務に即して理解したり、マーケティングに関する課題を発見し,ビジネスに携わる者として科学的な根拠に基づいて創造的に解決する力を養う授業です。今日の授業では、マーケティング戦略を策定するために用いられる手法の一つであるポジショニングマップについて学び、実際に既存の製品について演習を行いました。高校生のうちからこういったことを学べるのは素晴らしいですね。

修学旅行に向けて

 来月12/6(水)~12/8(金)に、2年次生徒は修学旅行で長崎&福岡に行きます。修学旅行での班別行動に向けて、調べ学習も本格的になってきました。PCやスマホで調べることもできますが、学校の廊下には長崎関係の本や雑誌がたくさん用意されています。自分たちで色々と調べながら計画を立てるのはとても楽しいことですね。

授業の様子・中国語&韓国朝鮮語

 本校では、幅広い選択科目の中で、「中国語」や「韓国朝鮮語(韓国語)」を学ぶことができます。もちろん初めて学ぶ生徒がほとんどですので、基本から安心して学ぶことができます。英語以外の外国語を学ぶというのはとても楽しいことですね。

総合閉祭式

 今年度初めての試みであった文化祭と体育祭を合体した形の「翔陽祭」。昨日の体育祭を終えて、今日が総合閉祭式です。体育祭の優勝組の発表や文化祭の各賞の発表と表彰式が行われました。それぞれの発表の度に生徒たちからは大きな歓声が上がりました。

 そして最後には、写真部が取ってくれていた写真を使ったスライドショーが流されました。写真に映る生徒たちの笑顔に、今回の「翔陽祭」の成功が分かりました。素敵な写真と音楽に彩られて、とても素敵な振り返りの時間となりました。

体育祭

 今年度の体育祭は、今までの学年対抗ではなく、学年を縦割りにした赤・黄・青組対抗で実施しました。また、団体種目を多くして、短距離走やリレーなどについては、完全希望制にしました。運動が得意な生徒も、そうでない生徒も、全ての生徒が自分なりに楽しめる体育祭を企画しました。

 全ての種目で、生徒たちは自分たちの色の組を応援し、励まし、勝ち負けに関係なく大きな拍手をしていました。80人対80人の綱引きでは、先輩たちが大きな声で掛け声をあげて後輩たちを盛り上げていました。どの種目でも生徒たちの楽しそうな顔が見られました。素晴らしい天気にも恵まれて、大きなケガもなく、まさに運動の楽しさを感じられる素晴らしい体育祭となりました。

 当日の運営や準備、片付けまで、体育委員や運動部の生徒たちがとても元気に仕事をしてくれました。こうした行事をとおして、多くの生徒たちの成長が見られることが嬉しいですね。

☆中夜祭☆

 今年は戸田翔陽高校初の中夜祭を実施しました。文化祭と来週の体育祭の間の「中夜祭」です。昨年度の生徒アンケートの声が大きかったことを受けて、生徒会の先生方と生徒達が頑張りました。

 中庭に簡易ステージを作成し、軽音楽部のスピーカー機材を利用し、さらに照明器具を使っての手作り中夜祭です。生徒有志による弾き語りやダンス、ビンゴ大会、軽音楽部の演奏やのど自慢大会優勝者による歌の発表など、生徒たちは大盛り上がり。中夜祭は希望者のみの参加でしたが、非常に多くの生徒たちが集まりました。生徒たちの力というものはすごいですね!

 戸田翔陽高校初の、しかも、野外実施の中夜祭。「感動」「青春」「情熱」を感じました。

翔陽祭(文化祭)2日目・一般公開

翔陽祭(文化祭)2日目・一般公開です。朝の雨もすっかり止んで、素晴らしい天気のもと、非常に多くの方に来校いただきました。やはり一般のお客さんがいると生徒の雰囲気が変わりますね。多くの方々に楽しんでもらうように工夫することが、そのまま生徒たちの学びに繫がっているのが分かります。来校いただいた皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。