ブログ

戸田翔陽日誌

体力テスト

 5月21日(火)、1・2年次の体力テストが実施されました!! グランド、体育館、格技場と、生徒たちは様々な場所に移動しての体力テストです。天気にも恵まれて、生徒たちは和気あいあいと、楽しそうに体を動かしていました。記録を取っておくと去年との違いや、来年へ向けた目標なんかにもなって良いですね。

 自分なりに体を動かすことの楽しさを見つけて、大人になってからも自分なりに体を動かせるようになって欲しいです。

3年次 年次集会

5月21日(火)、3年次は食堂をお借りして年次集会を行いました。

生徒指導部からは人とのかかわり方等について、進路指導部からはいよいよ差し迫ってきた進路活動についての話がありました。今後の学校生活・進路活動に活かしてください。

また、1年次のころから継続している、各部担任の話では、Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ部担任団、そして副担任団それぞれから1人ずつ代表して話がありました。「教員になると決めた時の話」、「海外でのあっと驚く経験」、「学生の時の三者面談の思い出」、「自ら動け!受け身は柔道のみで十分!」など、その先生の人柄がよく表れた面白い講話をいただきました。

そして最後には年次主任から、ご自身の海外での経験などから、「幅広い知見とゆとりを持てる人間になろう」という話もありました。

生徒たちはどの話も真剣に、時に笑いもありながら、しっかりと聞いてくれていました。どのお話でも、話の中のワンフレーズでも、皆さんの心に響く言葉があると嬉しく思います。

福祉科 出張介護授業

 5月10日(金)と14日(火)に「介護福祉基礎」の5つの講座で出張介護授業を行いました。例年に引き続き、埼玉県社会福祉協議会 福祉人材センターの方と“介護の魅力PR隊”の現職の介護施設職員の方に「福祉の仕事を知ろう!」というテーマで講演をして頂きました。

 現在の社会や介護に関する状況や実際の介護場面の話、介護職の方がどのよう日々の業務を行っているのかなどについて非常に分かりやすくお話してくださいました。生徒たちも真剣に集中してメモを取りながら聴き、時間の許す限り質問もすることができました。

 本校で例年行っている介護職員初任者研修についても触れていただき、受講意欲も喚起されたかと思います。

保健の授業~心肺蘇生法実習~

 本校の1年次保健では、心肺蘇生法の実習を行っています。
 今年度は、戸田消防署より練習用の人形・AEDを借用し、2人一組での実習を行うことができました。胸骨圧迫のポイント等を確認しながら、一人ひとりが真剣に取り組む様子が見られました。
 実際に倒れている方を発見した際、自信を持って行動できるように、知識・技能を深めていってほしいです。

福祉の授業~戸田かけはし特別支援学校での交流・実習にむけて

 福祉科の授業「介護総合演習」では、これまで学んだ福祉や介護について実践的に学んでいきます。今年度は、初めての取組みになりますが、隣接する戸田かけはし高等特別支援学校の活動に参加させていただきます。今日はそのための事前オリエンテーションに伺いました。校長先生からたくさんのことを学んでほしいとお話があり、特別支援学校の役割について担当の先生から講義していただきました。6月からの実習でたくさんのことを吸収させていただき、生徒の進路実現につなげていきたいと思います。

学校茶道研修会に行ってきました!

 学校茶道研修会に本校茶道部が参加してきました。

 多くのビルが立ち並ぶ環境でありながら、そこだけ時が止まったような趣の中に、表千家東京稽古場があります。今回の研修で、多くの高校が参加し、一堂に会して、厳粛な雰囲気の中、お点前をいただきました。
 普段は校内作法室でお稽古をしていますが、外に出て、お茶をいただくというのは、大変貴重な経験となりました。今後も部員一同、精進していきたいと思います。

授業の様子「日本語基礎」

 本校には、外国にルーツのある生徒など、国籍に関わらず日本語が母語ではない生徒がいます。今年度より、そのような生徒が補習としてではなく、授業として日本語を学び、単位を取れるように学校設定科目を設置しました。第1回目の授業では、まずはお互いの自己紹介を日本語で行い、各自の時間割にある各科目の読み方や担当の先生を確認し、生徒たちが学校生活をスムーズにスタートできるように活動しました。

 本校では「日本語」の科目を3種類設定することで、生徒が進級しても継続して授業で日本語を学べるようにしています。日本語能力検定なども積極的に受検し、各自の目指す進路を実現できるように支援していきます。

3年Ⅰ部他愛もないひと時。

いよいよ進路年次となる3年次ですが、Ⅰ部帯では今後本格的に始まる進路活動を前に、気持ちをリフレッシュしようとレクを行いました。

まずは無言で誕生日順に1列に並ぶチャレンジをし、見事時間内に(ほぼ)正しく整列完了!

その後は懐かしのしっぽ取りゲームをして体を動かします。

なかなか最初の一人が走り出さなかったものの、誰かが先陣を切ればすぐに盛り上がりました!中にはたくさんしっぽをゲットした猛者も…。

そして残りの時間には各自思い思いの過ごし方をしました。

バレーボールをしたり、バドミントンをしたり、友達と談笑したり…。

 

何気ないこんなひと時も、3卒の人はあと1年…。

その前に進路活動、頑張ろう!!

軽音楽部 新入生歓迎ライブを行いました!

 4月11日(木)、軽音楽部による新入生歓迎ライブを行いました。当日は開演前から会場に入りきらず廊下にあふれるほどの生徒が駆けつけてくれ、ライブもとても熱狂したものになりました。2日後の土曜日の体験入部でも多くの体験希望者が集まり、各パートに分かれて体験したり、新入生も交えて何曲か合わせてみたりと、とても刺激的な活動ができました。

 音楽は継続した練習が不可欠ですが、その大変さを乗り越えた先にある、「バンドで合わせる楽しさ」を多くの部員に味わってもらいたいと思います。年度途中でも体験・見学は大歓迎です!興味のある方は軽音楽部顧問か、軽音楽部員に声をかけてみてください!

 次のライブは夏休み直前ライブ!在校生の皆さん、お待ちしています!

男女バレーボール部へようこそ

本校のバレーボール部は校内で唯一、男子と女子で別々に活動しています。扱うボールやネットの高さが違うためです。この日は久しぶりに活動時間が同じでした。共に多くの体験入部生が参加してくれました。活気があって良い雰囲気で活動することができました。今年度は男女ともに大会に出場して活躍することを目標に取り組んでいきます。随時、体験や見学を受け付けていますので、興味を持った生徒のみなさんは体育館へ来てください。

 

部活動

 心地よい春晴れの土曜日、気持ちよい気候の中で生徒たちは部活動を楽しんでいます。午前中のグランドでは軟式野球部、フットサル部、テニス部が、体育館ではバドミントン部とバスケットボール部が活動していました。

 先生方も生徒たちに混ざって体を動かしています。絶えず笑いが溢れ、みんな心地よい汗をかきながら部活動を楽しんでいます。

 本校では、運動部はもちろんのこと、文化部も生徒たちが自主的に活動し、先生方も一緒に楽しんでいます。

演劇部・新歓公演

 4月11日(木)に演劇部が新歓公演を行いました。視聴覚室がほぼ満席となる盛況の中、春の練習の成果を存分に出し、舞台をやり抜くことができました。
 本校演劇部は週1回、土曜日2時間程度という少ない時間で効率よく舞台を作っています。昨年度・一昨年度は隣のかけはし高等特別支援学校とコラボしてダンスを披露しました。
 ぜひ演劇部の今後の活動にご期待ください。

入学式

 4月9日(火)、あいにくの雨となりましたが、無事に入学式を挙行することができました。新入生の皆さんは緊張した面持ちでしたが、呼名の返事も姿勢もとても素晴らしいものでした。

 新入生誓いの言葉では、「誰かの心の薬になるような言葉を紡ぎたい」、また、「チャンス・チャレンジ・チェンジを大切にしながらも、『チャージ』という『休息』も加えながら頑張りたい」、と頼もしい誓いを立ててくれました。

 まだまだ不安も多くあるところだと思いますが、教職員一同、生徒一人一人に寄り添いながら、共に歩んでまいります。

 新入生の皆さん、保護者の皆さん、改めてご入学おめでとうございます!!

創立20周年!!

 お陰様で、戸田翔陽高校は創立20周年を迎えました!!

今年度はすべての行事に「20周年記念」が付きます。文化祭や体育祭を中心に、今までの識見や経験を活かしつつ、更に本校の教育活動を充実させてまいります!!

 今後とも戸田翔陽高校をよろしくお願いいたします。

始業式

 4月8日(月)始業式。今年度から部帯ごとではなく、全校生徒による始業式・終業式を実施することになりました。生徒の健康を考えて、寒い時期は午後一斉登校、暑い時期は午前一斉登校で実施します。多くの表彰を全校生徒の前で受けれらるように、そして生徒たちの部帯を超えた交流がより進むように、との考えからです。

 本日は新着任の鈴木校長先生からお話を頂きました。戸田高校から戸田翔陽高校になる時に、本校に勤務していた経験を持つ校長先生です。とても温かいお話を頂きました。

 ※校長先生の話はメニューの「校長室より」をご覧ください。

 福祉科の花壇のたくさんの花や、食堂横の桜、グランドのタンポポや桜が、新年度初登校の生徒たちを迎えます。花や緑あふれる戸田翔陽高校で、生徒たちが今年度も伸びやかに成長していくことを願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職員研修会(教育相談)

 新年度となりました。来週の始業式や入学式を迎えるにあたり、毎日会議や研修会が行われています。今日は教育相談に関する職員研修会が行われました。初めに本校の教育相談の方針を確認し、チーム戸田翔陽としての支援体制を確認しました。本校には特別支援教育コーディネーター(2名)、教育相談員(2名)、スクールソーシャルワーカー(1名)、スクールカウンセラー(1名)がいて、毎日カウンセリングルームを開放しています。今日はカウンセリングルームのみなさんから障害や疾病、特性などについて、よくある質問に答えるような形で教えていただきました。そして、チームとして生徒一人ひとりを支援できるように、先生方全員で生徒情報を共有しました。

 生徒たちの特性をできるだけ理解し、生徒一人一人の「困りごと」を解決するために、どういうところで困っているのか、私たちに何ができるのか、どう支援していくか、などをこれからもみんなで考えていきます。先生方の活発な話し合いに温かさを感じます。いよいよ来週から生徒たちが登校します。「誰一人取り残されない学校」を目指し、教職員みんなで協力して教育活動を展開していきます。

軟式野球部・卒部試合

 3月27日(水)素晴らしい天気に恵まれて、軟式野球部の卒部試合が行われました。試合は野球部 vs 教員チーム。野球部の3年生のために、多くの先生方が参加したり、応援したりしてくれました。結果は、30 - 9 で野球部の勝利。普段なかなか練習試合ができない野球部のみんなが本当に楽しそうにプレイしていました。何より嬉しかったのは、3年生が2打席連続のホームランを打つなど、最高の思い出を作ることができたこと。先生方も生徒たちもみんなでお互いに声を掛け合っていて、素晴らしい時間となりました。戸田翔陽高校は温かいです。♬

フットサル部・卒部試合

 3月25日(月)フットサル部の卒部試合が行われました。あいにくの雨でしたが、無事に体育館で実施することができました。多くの先生方も参加し、卒業生や在校生に交じってプレーしました。4チームに分かれてのリーグ戦では、先生方のファインプレー?に大盛り上がり。絶えず笑いが絶えない卒部試合は、卒業生にとって素晴らしい思い出になりました。

 戸田翔陽高校の温かさを感じる素敵な時間です。

修了式

 3月22日(金)令和5年度修了式が行われました。今回から、Ⅰ部帯~Ⅲ部帯の生徒が一斉に集合しての修了式とすることで、多くの部活動の表彰や各種検定等の表彰の際、生徒たちは全校生徒の前で表彰を受けることができました。

 校長先生からは、「ポジティブな心の状態」と「『どう泳ぐか』か大事」というお話を頂きました。

 ※校長講話の内容については、メニューの校長室よりをご覧ください。

 進路指導部主任、生徒指導部主任からの話の中では、「自己肯定感を高める」プロジェクトの話もありました。

 令和5年度の教育活動を振り返り、令和6年度も更に充実した教育活動に取り組めるようにしてまいります。

 引き続き本校の教育活動に対し、御理解・御協力のほどよろしくお願いいたします。

 

進路活動経験を伝える会

 今日は卒業生の先輩たちに学校に来ていただき、全校生徒対象の「進路活動経験を伝える会」を実施しました。大学、就職、専門学校希望者に分かれ、先日卒業した先輩だけでなく、すでに各方面で頑張っている先輩たちにも来ていただきました。看護系の希望者は少人数で先輩から話を聞くこともできました。

 進学でも、就職でも、一番身近な先輩方からの具体的な話というのは、在校生にとってはとても参考になります。高校生活で大切なことや、進路を決める上でのポイントや、進路希望を実現するための方法など、多くのことを学ぶことができました。今回の先輩方からのお話を参考にして、在校生がまたそれぞれの進路実現に向けて頑張ってくれることを期待しています。