給食の写真

2022(R4)年度

R4 5月7日(土)学校公開日・試食会

 献立名

あさりとアスパラの混ぜご飯 牛乳 鶏肉とさつま芋のマヨテリ きゃべつのごま風味サラダ 大根とわかめの味噌汁 果物(セミノール)

 今日は、旬の美味しさと栄養があるあさりとアスパラガスを使った炊き込みご飯です。あさりの旬は3月から5月頃。静岡や千葉などの一部の地域では、9月から10月に2回めの旬を迎えます。あさりの旨みはコハク酸という有機酸の一種で、カルシウムやカリウム、亜鉛、鉄などのミネラルの栄養がたっぷり入っています。アスパラガスの旬は、北海道では4月下旬~6月中旬、佐賀県や長野県など北海道以外の地域は夏までが旬になります。アスパラガスの穂先にはアスパラギン酸やルチン、ビタミン類などが特に豊富に含まれています。また、茎についている三角に盛り上がった部分の「はかま」には、アスパラプチン(高血圧の予防効果が期待できる)という栄養が豊富に含まれています。旬の野菜には、栄養と旨味が多く含まれているのと、値段も安いのでたくさん食べて下さい!

 

 

R4 5月6日(金)

 献立名

竹の子ご飯 牛乳 新ごぼうとひじきの豚つくね ブロッコリーサラダ もやしと油揚げの味噌汁

 春を旬とする食材の代表として、真っ先に浮かぶタケノコ。今日は竹の子ご飯の登場です。竹の子ご飯は、江戸時代中期に庶民の味として流行していたといわれます。タケノコの素材となる孟宗竹(モウソウチク)が中国の江南地方から琉球(沖縄県)を経て薩摩国(鹿児島県)に伝わり、京都を経て全国に広まりました。江戸(東京)へは寛政年間(1789-1801年)の初め頃に薩摩から移植され、いまの大久保あたりから千駄ヶ谷、六本木、戸越などで栽培されるようになりました。とくに畑作が盛んで、暖地性の孟宗竹の生育に適していた目黒が、近郊随一の名産地となりました。目黒不動(瀧泉寺)の門前町ではタケノコが名物とされ、料理屋や茶屋ではタケノコ料理が食べらるようになりました。なかでも評判になったのがタケノコを炊き込んだ『筍飯(たけのこめし)』だったそうです。昔のたけのこご飯は、どんな味だったのでしょうか?食べてみたいですね。

 

R4 5月2日(火)

 献立名

ご飯 牛乳 鶏肉の香味焼き 塩昆布和え 小松菜と豆腐の味噌汁 フルーツヨーグルト

 今日は、鶏肉の香味焼きです。鶏肉などお肉は、生徒たちが大好きなメニューの一つですが、野菜は敬遠されがちです。塩昆布和えは、きゃべつ、人参、ごまに、ごま油の香りと塩昆布の旨味をプラスした味付けになっています!野菜の美味しさを味わってほしいですね。

R4 4月28日(金)

 献立名

麦ご飯 牛乳 鶏肉のチンジャオロース 芋と大豆のカリカリジャコ揚げ 鯖缶の味噌汁 果物(ニューサマーオレンジ) *給食の写真に間違いがあります!どこかわかりますか?

 今日は、鶏肉で作ったチンジャオロースです。たけのこ、ピーマンだけでなく、人参、玉ねぎ、もやしなどの野菜も入れて、野菜たっぷりの1品です。芋と大豆のカリカリジャコ揚げは、日頃、食べることの少ない、芋、大豆、ジャコなども入れた人気のメニューです!

R4 4月27日(水)

 献立名

鶏肉と春きゃべつのパスタ 牛乳 鰆のムニエル ブロッコリーのサラダ

 今日は、鶏肉、ベーコン、あさり、いか、春きゃべつ、アスパラ、トマトを使い、ペペロンチーノの味のスープパスタ風のパスタです!旬の食材を使いました。ムニエル、サラダにミニトマトを添えて、おしゃれに盛り付けてみました。