給食の写真

2022(R4)年度

R4 5月7日(土)学校公開日・試食会

 献立名

あさりとアスパラの混ぜご飯 牛乳 鶏肉とさつま芋のマヨテリ きゃべつのごま風味サラダ 大根とわかめの味噌汁 果物(セミノール)

 今日は、旬の美味しさと栄養があるあさりとアスパラガスを使った炊き込みご飯です。あさりの旬は3月から5月頃。静岡や千葉などの一部の地域では、9月から10月に2回めの旬を迎えます。あさりの旨みはコハク酸という有機酸の一種で、カルシウムやカリウム、亜鉛、鉄などのミネラルの栄養がたっぷり入っています。アスパラガスの旬は、北海道では4月下旬~6月中旬、佐賀県や長野県など北海道以外の地域は夏までが旬になります。アスパラガスの穂先にはアスパラギン酸やルチン、ビタミン類などが特に豊富に含まれています。また、茎についている三角に盛り上がった部分の「はかま」には、アスパラプチン(高血圧の予防効果が期待できる)という栄養が豊富に含まれています。旬の野菜には、栄養と旨味が多く含まれているのと、値段も安いのでたくさん食べて下さい!

 

 

R4 5月6日(金)

 献立名

竹の子ご飯 牛乳 新ごぼうとひじきの豚つくね ブロッコリーサラダ もやしと油揚げの味噌汁

 春を旬とする食材の代表として、真っ先に浮かぶタケノコ。今日は竹の子ご飯の登場です。竹の子ご飯は、江戸時代中期に庶民の味として流行していたといわれます。タケノコの素材となる孟宗竹(モウソウチク)が中国の江南地方から琉球(沖縄県)を経て薩摩国(鹿児島県)に伝わり、京都を経て全国に広まりました。江戸(東京)へは寛政年間(1789-1801年)の初め頃に薩摩から移植され、いまの大久保あたりから千駄ヶ谷、六本木、戸越などで栽培されるようになりました。とくに畑作が盛んで、暖地性の孟宗竹の生育に適していた目黒が、近郊随一の名産地となりました。目黒不動(瀧泉寺)の門前町ではタケノコが名物とされ、料理屋や茶屋ではタケノコ料理が食べらるようになりました。なかでも評判になったのがタケノコを炊き込んだ『筍飯(たけのこめし)』だったそうです。昔のたけのこご飯は、どんな味だったのでしょうか?食べてみたいですね。

 

R4 5月2日(火)

 献立名

ご飯 牛乳 鶏肉の香味焼き 塩昆布和え 小松菜と豆腐の味噌汁 フルーツヨーグルト

 今日は、鶏肉の香味焼きです。鶏肉などお肉は、生徒たちが大好きなメニューの一つですが、野菜は敬遠されがちです。塩昆布和えは、きゃべつ、人参、ごまに、ごま油の香りと塩昆布の旨味をプラスした味付けになっています!野菜の美味しさを味わってほしいですね。

R4 4月28日(金)

 献立名

麦ご飯 牛乳 鶏肉のチンジャオロース 芋と大豆のカリカリジャコ揚げ 鯖缶の味噌汁 果物(ニューサマーオレンジ) *給食の写真に間違いがあります!どこかわかりますか?

 今日は、鶏肉で作ったチンジャオロースです。たけのこ、ピーマンだけでなく、人参、玉ねぎ、もやしなどの野菜も入れて、野菜たっぷりの1品です。芋と大豆のカリカリジャコ揚げは、日頃、食べることの少ない、芋、大豆、ジャコなども入れた人気のメニューです!

R4 4月27日(水)

 献立名

鶏肉と春きゃべつのパスタ 牛乳 鰆のムニエル ブロッコリーのサラダ

 今日は、鶏肉、ベーコン、あさり、いか、春きゃべつ、アスパラ、トマトを使い、ペペロンチーノの味のスープパスタ風のパスタです!旬の食材を使いました。ムニエル、サラダにミニトマトを添えて、おしゃれに盛り付けてみました。

R4 4月26日(火)ウクライナ料理(第2日目)

 献立名

麦ご飯 牛乳 白いビーフストロガノフ ボルシチ 果物(清見オレンジ)

 ウクライナ料理の2日目!今日は「白いビーフストロガノフ」と「ボルシチ」です。ウクライナ料理は、キエフ大公国(9世紀-13世紀)の料理文化もとに発展しました。ビーフストロガノフも、ボルシチもウクライナで生まれ、ロシアなどの周辺国に広まった料理だそうです。ビーフストロガノフに赤茶色のものが多いのは、デミグラスソース、フォンドボーなどを主として作られているからです。しかし、ウクライナで生まれたビーフストロガノフは、白かったといわれ、今でも白いビーフストロガノフを食べています。白いビーフストロガノフの色は、生クリームとサワークリームを入れてからです。また、世界3大スープの一つともいわれる「ボルシチ」は、ビーツを中心に煮込んだあざやかな深い紅色の塩味の野菜スープです。ロシア・ポーランド・リトアニア・ユダヤ人などの料理に影響をあたえ、世界的に認められているウクライナの代表的料理の一つ。ウクライナのそれぞれの地域によって作り方が異なり、「赤のボルシチ」・「緑のボルシチ」、「冷たいボルシチ」、「茸のボルシチ」などがあるそうです。

R4 4月25日(月)

 献立名

ご飯 牛乳 チキンキエフ(ウクライナ料理) 春人参のポタージュ

 今週は、今日と明日の2回、ウクライナ料理を取り入れてみました。ウクライナの食文化を味わってみましょう。ウクライナは、「ヨーロッパの穀倉」といわれ、国土の約7割を農用地が占めています。西の国境付近を除き緩やかな丘陵地で、チェルノーゼムと呼ばれる肥沃な黒土が広がり、温暖な気候となっています。 主要農産物は、小麦、とうもろこし、じゃが芋、ひまわりの種(食物油の原料)、てん菜(砂糖の原料)など。また、そばも栽培されており、日本はそば粉として輸入しており、農産物輸入だけでなく工業製品の原材料の輸入、製品の輸出等、縁の深い国です。また、歴史的建造物や、街並みが非常に美しい国でもありました。21世紀のこんな時代に、住民を巻き込んだ戦争が起こるなんて、非常に悲しいことです。今日の「チキンキエフ」は、ウクライナに思いをはせ、伝統的な料理を味わってほしいと思い作りました。チキンキエフも、明日、登場する、白いビーフストロガノフ、ボルシチもロシア料理と多くの人は思っていますが、実はウクライナ発祥の料理なのです。チキンキエフは、鶏の胸肉を薄く切り開き、肉叩きで叩き、エスカルゴバター(バター、すりおろしにんにく、パセリのみじん切りを混ぜて固めたもの)を中心に巻き、パン粉をつけて揚げる料理です。簡単そうにみえて、なかなか上手に作ることができず、お肉屋さんに肉の切り方、叩き方を何度も変えて切ってもらい、何度も試作をした料理です。レストランで提供されるようなチキンキエフにはなっていませんが、戦争の終結と平和への祈りを込めて、献立に入れてみました。

 

 

R4 4月22日(水)

 献立名

麦ご飯 牛乳 豚肉ときゃべつのこんがりロール 五目きんぴら かき菜と豆腐の味噌汁

 今日は、きゃべつを薄切りの豚肉で巻きオーブンで焼いた「こんがりロール」です。野菜が苦手な生徒が多いので、みんなが好きなお肉で野菜を巻いてみました。お味は、いかがですか?菜花が終わるとかき菜が出てきます。かき菜は、栃木県佐野市をはじめとする両毛地域で古くから作られてきた伝統野菜で、アブラナ科の菜花の在来種とされ、菜花とは区別されています。伸びてくる若い花芽の部分を掻き取って収穫することからそう呼ばれるようになった旬の野菜です。味わって食べてみましょう。

R4 4月21日(木)

 献立名

かき玉うどん 牛乳 じゃが芋のかき揚げ 玉葱と人参のかき揚げ 果物(河内晩柑)

 今日は、卵と野菜がたっぷり入ったかき玉うどんです。また、じゃが芋のかき揚げは、芋のほくほく感が美味しいかき揚げです。玉葱と人参のかき揚げも新玉葱の甘さが美味しいかき揚げとなりました。

 

R4 4月20日(水)

 献立名

きび入りご飯 牛乳 蒸し鶏の甘辛だれ きゃべつのごま風味サラダ じゃが芋とわかめの味噌汁

 今日は、もちきびの入ったご飯です。もちきびは、昔から主食として親しまれてきた種類の雑穀です。 アジアが発祥であり、アジアを中心として栽培されています。 もちきびは、白米と比べて、鉄分約3倍、カルシウム約2倍、カリウム2倍、食物繊維約3倍、マグネシウム約4倍良質のたんぱく質が含まれています。タンパク質は多く含まれていますが、脂質が少なくて、低カロリーです。悪玉コレステロールを抑え、強い抗酸化作用が、免疫力を高めてくれます。蒸し鶏は、鶏肉をタコ糸で巻いて、蒸し、ご飯に合うように甘辛だれをかけてみました。

R4 4月19日(火)

 献立名

ひじきご飯 牛乳 うどとチーズの春巻き 豚肉とターサイのソテー 大根とわかめの味噌汁

 今日は、春から初夏が旬の「ウド」を使った春巻きです。ウドは、根株に土をかぶせて栽培される、やや緑がかったウドを「山ウド」、暗い所で、光を当てずに栽培される真っ白なウドを「軟白ウド」と呼びます。食べる部分は、若芽です。 本来野菜というよりも、山菜になります。名前は知ってても、なかなか食べることが少ない食材の一つですね!

R4 4月18日(月)

献立名

ご飯 牛乳 鶏肉の和風レモン焼き ブロッコリーのアヒージョ 白菜と厚揚げの味噌汁 果物(セミノール)

 今日は、新メニューのアヒージョです。アヒージョは、オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理で、カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと提供されるスペイン料理の一種で、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)の一つです。給食では、ブロッコリー、きゃべつなど茹で、オリーブオイル、みじん切りのにんにく、輪切り唐辛子を炒めて香りを出し、茹でたブロッコリー、きゃべつなどさっとまぜ、塩で味付けをしました。いつものサラダと一味違った美味しさです。

 

R4 4月15日(金)

献立名

ご飯 牛乳 鶏肉のチリソース煮 豆苗の中華炒め きゃべつとわかめの味噌汁

 今日は、にんにく、豆板醤を使ったチリソース煮、ピリ辛のケチャップ味が食欲をそそります!玉葱、人参を炒め、粉をつけて揚げた鶏肉、素揚げのじゃが芋とピリ辛のチリソースでからめた、ボリュームのある一品です。豆苗は、ごま油で和え、真鯛塩で味をつけたシンプルな付け合わせです。食べてみると意外と美味しい!残菜の少ない組み合わせです。

R4 4月14日(木) おめでとう献立

献立名

赤米ご飯  牛乳  エビス鯛の白醤油焼き  だし巻き玉子  ほうれん草の白和え  春の沢煮椀  手作りいちごババロア

 今日は、お赤飯のルーツと言われている赤米ご飯す。赤米は、「古代米」と呼ばれる「むかしのイネが持っていた特徴を色濃く残すイネ」の一種で、縄文時代に日本に最初に伝わった稲と考えられています。赤米には、タンニン系のポリフェノール( 抗酸化作用や抗ガン作用、殺菌効果、抗アレルギー作用などの効用があります)が多く含んでいます。更に白米と比べると・・・・・、現代人に足りてないと言われる、食物繊維を8倍、カルシウムを3倍、マグネシウムを4倍、血圧の低下、脳卒中の予防、骨密度の増加につながるカリウムを3倍、欠乏すると疲れやすさやだるさを引き起こすビタミンB1を5倍と、とても体に良いお米ですが、白米の美味しさに負けて、食べられなくなりました。しかし、最近は赤米、黒米などの古代米の良さが見直されています。             おめでたいときに食べる鯛も献立に入れ、冷凍イチゴを使って、いちごババロアを作ってみました。調理員さんたちが、冷凍イチゴと牛乳をミキサーにかけ、生クリームをホイップしてと、大忙しで作ってくれました。お味はいかがでしたか?                               

 

R4 4月12日(火)

献立名

チキンカレー 牛乳 キャベツの菜の花の和風コールスロー 果物(みかん/カラマンダリン)

 新年度、初日の給食は、みんなが大好きな「チキンカレー」です。和風コールスローは、旬の食材の「菜花」を使い、卵のそぼろを花に見立ててみました。本校の給食では、かつお節、昆布、煮干しなどから出汁を取り、手作りの家庭の味を目指しています。食べたい気持ちを育て、食の幅が広がるような献立を提供したいと考えています。1年間、よろしくお願いします。

R4 2月18日(金)

 

 献立名

五目寿司 牛乳 白菜と豆腐の煮物 じゃが芋と玉葱の味噌汁 果物(清見オレンジ)

 今日で、今年度の給食が終了します。最後の給食は、五目寿司の献立です。今年度は、和食の味、他の国の料理の味、日本並びにいろいろな国の食文化を知るきっかけになるような料理を献立に入れました。給食を食べて「食べることが楽しい!」と思える給食だったでしょうか?給食をきっかけに苦手だった食材も食べられるようになったでしょうか?4月からの給食は「食べることが楽しい」に、「作って食べたい」と思える献立を盛り込みたいと思います!

R4 2月17日(木)

献立名

麦ご飯 牛乳 まんまるじゃが揚げ キャベツの味噌ネーズ和え 小松菜と豆腐の味噌汁

 今日は、新しいメニューのまんまるじゃが揚げです。肉そぼろを芯に、蒸してつぶしたじゃが芋を丸い形にして揚げました。また、竹輪を使いマヨネーズに味噌を混ぜた和え物です。いかがでしたか?

 

R4 2月16日(水)

献立名

カレーラーメン 牛乳 手羽中のスパイス焼き きゃべつのごま風味サラダ

 今日は、カレーラーメンです。期末試験なので食数も減っているので、手作り煮豚にも挑戦しました。一見何でもないようなラーメンですが、煮豚入りです!スープの味も、カレーうどんと違って、さらっとしたピリ辛カレーです。手羽中は、ほんのりスパイシーでしたが、残さず食べてくれました。給食もあと2日です。味わって食べて下さい。

 

R4 2月15日(火)

献立名 

ひじきご飯 牛乳 鶏肉の水炊き カレイの竜田揚げ 果物(みかん/はるか)

 今日は、鶏肉の水炊きです。本来は、土鍋で作り、みんなで鍋をつついて食べる料理です。最近は、家庭でこのような食べ方をすることが減っているそうです。まして、コロナが流行していると、食べにくい料理といえますね。味のないだし汁で、肉と野菜を煮て、ポン酢で食べる食べ方を体験してほしいと思い、献立に入れました。柚子果汁、大根おろしなどを使って作った、手作りのポン酢です。鶏肉はウィングスティックを使い、おはしでも崩れるくらいやわらかく煮ることができました。生徒たちには、いろいろな料理の食べ方も学んでほしいと思います。

R4 2月14日(月)

献立名

麦ご飯 牛乳 手作りハンバーグ 人参のグラッセ フライドポテト 丸麦のミネストローネ

 今日は、在校生全員で食べる最後の日!明日からの「期末試験を頑張ってね!」の意味も込めて、ハンバーグのメニューです。スープは、丸麦を使った野菜たっぷりのミネストローネ。丸麦は、精白しただけで押麦に加工されていない大麦のことです。押麦とは違い熱処理を施していないため、麦が持つ本来の風味を味わうことができ、食物繊維が豊富に含まれているので、腸に優しい雑穀です。今日の給食はいかがでしたか?期末試験、頑張って下さい!